teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


DAIRINグループは亦野正雄と(株)ダイリンが危険。もちろん名古屋市緑区において川崎清彦社長と(株)大輪もブラックゴミ会社

 投稿者:佐倉  投稿日:2014年 1月 4日(土)08時11分25秒
  最初から何もしない、出来ない飾り社長なんだから家に引きこもればいいんだが、亦野正雄は電話で口だけは出す。
仕事出来ない&株一切持たない部外者風情で「俺ならこうする。」「こうすればいいだけだ!」だのよく言えるもんだな。
ちなみに運送屋もどきだが、事故った時の対応も先に述べたようなことを亦野正雄は言うだけだからな。
適当な積み方してようが、運転中に携帯使用を会社で推進して事故ろうが自分の会社側の責任はここまでという態度をとるぞ。
「これ以上の額はウチで払う義理はない、あとは相手や保険屋の領域なのが当たり前だろうが!」「俺ならそうやって相手に言うぞ。」
やりもせんくせにナメてんのか!ブヨった張りのないジャガ芋の出来損ないみたいな馬鹿面してトチったことほざくな。
56歳にして重症なマザコンニートだから、亦野正雄はこんなものだろうが相手にするなよ。ゴリ雄の馬鹿がうつるといかん。

株式会社ダイリン
名古屋市緑区大高町字寅新田113番地
 
 

(株)ダイリンのクレイジーゴリラな亦野正雄。(株)大輪のカタプレキシージジイの川崎清彦。DAIRINグループ終わってっぞ

 投稿者:志村  投稿日:2014年 1月 1日(水)17時51分18秒
  具体例などは「亦野正雄」で検索すると(株)ダイリンの極悪ぶりが詳しく分かるぞ。
法や条例無視した違法まがいの株式会社ダイリンなんぞに入り、フーテン社長に餌を与えてはならぬ!
亦野正雄、亦野和美が会社利益を食い尽くし、会社自体も創価カスばかりの悪業三昧会社。
株式会社ダイリン
愛知県名古屋市緑区大高町字寅新田113番地
 

㈱ダイリン キチガイ社長 亦野正雄

 投稿者:玉城  投稿日:2013年11月15日(金)05時36分15秒
  まず、この男は社長とは言えん。経営はもとより、人事のことも、決定権はない。だか、自分では仕事せず、人に命令、八つ当たり。
もとは京都でセールスをやっていたらしいが、トップセールスにまでなっていながら、周りより給料が低かったらしい。数字を上げても給料に反映されないほどマイナスポイントばかりだったのだろう。
人の話は、たとえ有益なことであっても受け付けず、注意・クレームに対しては、「お前、何様や?」と客にでも言ってしまう。そして相手を愚か者扱い。
こんなイカれたゴリが、社長の立場を使って憂さ晴らし。社員をパワハラで屈伏させ、自分は出社や退社時間は適当。9時に来て4時に帰るなど、馬鹿にするにもほどがある。

㈱ダイリン
名古屋市緑区大高町寅新田113
間違っても入社してはいかん。自分も狂った奴ならいいが。
 

鬼剣舞の一年を描いた映画公開

 投稿者:三宅  投稿日:2012年 3月 7日(水)19時15分30秒
  岩手県北上市に1300年伝わる郷土芸能「岩崎鬼剣舞」の集落に監督が一年住み込み、芸能と生活の一年を追ったドキュメンタリー映画『究竟の地-岩崎鬼剣舞の一年』が2/25から東京・ポレポレ東中野にて絶賛上映中です。3/23(金)までの上映になりますので、是非皆さんお越し頂けばと思います。

各日12:50/18:00の2回上映(※3月19日(月)12:50の回のみ休映)

当日 : 一般1700円/大・専1400円/中・高・シニア1000円
前売 : 1300円(Pコード:463-404)
会場 : ポレポレ東中野
東京都中野区東中野4-4-1/ポレポレ坐ビル地下/TEL 03-3371-0088
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

上映後に下記の日時で監督とゲストによるトークイベントを行ないます。
3/1(木)夜…津田大介さん(ジャーナリスト/メディアアクティビスト)
3/5(月)夜…黒坂圭太さん(アニメーション作家)
3/6(火)夜…萩野亮さん(映画批評)
3/7(水)夜…黒田育世さん(舞踊家)
3/9(金)夜…中所宜夫さん(観世流能楽師)
3/10(土)昼…吉増剛造さん(詩人)、金子遊さん(映像作家)
3/12(月)夜…今福龍太さん(文化人類学者)
3/13(火)夜…津村禮次郎さん(観世流能楽師)
3/14(水)夜…OJUNさん(画家)
(3/5,3/12の回は金子遊さんが司会をつとめて下さいます)

http://http://www.kukkyouno-chi.com/

 

魔術の学問的価値

 投稿者:高校生  投稿日:2011年12月21日(水)21時23分29秒
  ☆魔術の学問的価値☆
『宗教学的価値』…魔術と宗教は、古来、密接に結びついてきたし、その境界線をはっきりとわけることはできない。
つまり、魔術を知ることは、それに関連した宗教及びその歴史を知ることに繋がる。
(例:シャーマニズム、魔術系の新興宗教など)
『文化的価値』…一つの国の魔術および魔術事情について知ろうと思ったら、その国の歴史や宗教観、倫理観・
哲学観、社会情勢、国民性など、文化全般について知ることになる。つまり、魔術を通して文化を総合的に学ぶことが可能なのだ。
『歴史学的価値』…『古代文明のあるところに、魔術の伝統あり』と言っても過言ではないほど、魔術は古代社会と密接に結びつき、いたるところで行われてきた。魔術を知ることはこういった古代文明の本質を知ることに繋がり、それによって、
その後の中世・近世・近代・そして現代までの流れを知る手がかりになる。
『心理学的価値』…現代の魔術師のなかには、魔術とは潜在意識のパワーを何らかの目的で使うことだと主張する人が多くいる。魔術は確かに科学では証明されていないが、既存の心理学などで、仮説をたてて説明することくらいは可能で、
そこまで荒唐無稽というわけではない。つまり非科学ではなく未科学なのだ。
魔術は、トランスパーソナル心理学などでこれからも解明していく価値があると思う。
『民俗学的価値』…シャーマニズムなどに関する民俗学的研究はすでに昔から行われているが、藤原潤子氏著の『呪われたナターシャ』で、呪術を信じない人が多数派のロシアでの、呪術を信じる7%の人々の社会や人生を書かれたように、
魔術や呪術を信じない人が多数派の社会だからと言って、そこでの魔術あるいは呪術の民俗学研究に価値がないと感じる
のは、もはや時代おくれなのかもしれない。
こういった研究は、世の中にいろいろな人がいることを教えてくれ、そこから、その国の歴史や文化が見えてくる。
 

近藤良平・コンドルズ‘にゅ~盆踊り’大会 盆踊りリーダー(ワークショップ参加者)大募集!

 投稿者:あうるすぽっとメール  投稿日:2011年 6月15日(水)13時49分13秒
  ~近藤良平、コンドルズ、池袋大作戦!!池袋の街で大盆踊り大会~
あうるすぽっと ‘にゅ~盆踊り’大会盆踊りリーダー(ワークショップ参加者)大募集!

『にゅ~盆踊り』は、圧倒的人気を博する男性だけのダンスカンパニー‘コンドルズ’の主宰で、NHK‘てっぱんダンス’‘サラリーマン体操’振付出演などでお茶の間でも人気の振付家・ダンサーの近藤良平氏が、創作したオリジナルダンス。
『にゅ~盆踊り』大会は、この’にゅ~盆踊り’をメインにした、近藤・コンドルズならではユニークな仕掛けが満載の盆踊り大会です。
この愉快な盆踊り大会を一緒に盛り上げてくれる盆踊りリーダー(ワークショップ参加者)を募集します。
事前のワークショップに参加し‘にゅ~盆踊り’を会得。
踊って踊って、池袋の街をジャックしちゃいましょう!

■‘にゅ~盆踊り’大会
7月18日(月・祝)17:30~ @池袋西口公園
参加無料!浴衣推奨!!申込不要!!!
雨天時は16時に催行を決定します。
あうるすぽっと オフィシャルtwitter@owlspotにてお知らせします。
(あうるすぽっとホームページからもご覧いただけます。)

■ ワークショップ
開催日程 7月9日(土)~12日(月)から1日選択
開催場所 豊島区内6会場
・勤労福祉会館
・南大塚地域文化創造館
・駒込地域文化創造館
・巣鴨地域文化創造館
・雑司が谷地域文化創造館
・千早地域文化創造館
※各会場ごとに日時が異なります。
詳細→http://www.owlspot.jp/workshop/110718_detail.html
講師 近藤良平、コンドルズ ※各会場によって講師は異なります。
対象 年齢・経験不問・どなたでも
(※ワークショップと7月18日の本番に参加できる方)
定員 各30名(合計180名) ※応募者多数の場合は抽選となります。
参加費 1,000円

応募方法 往復はがきにて
①名前(ふりがな)
②年齢、性別
③住所
④電話番号
⑤希望日時
をご明記のうえ下記(ワークショップ開催スケジュール)の会場の中から、参加したい会場を1つ選び各会場に直接ご郵送ください。      ※おひとり様、1通限りとさせていただきます。
※宛先には各会場名に「にゅ~盆踊り係」とお書き添えください。
     詳細→http://www.owlspot.jp/workshop/110718_detail.html

申込締切 6月22日(水)消印有効

● ワークショップ開催スケジュール
◎7月9日(土)10~12時
会場:勤労福祉会館(〒171-0021 豊島区西池袋2-37-4 )

◎7月9日(土)14~16時
会場:千早地域文化創造館(〒171-0044 豊島区千早2-35-12)

◎7月10日(日)10時~12時
会場:巣鴨地域文化創造館(〒170-0002 豊島区巣鴨4-15-11)

◎7月10日(日)14時~16時
会場:駒込地域文化創造館(〒170-0003 豊島区駒込2-2-2)

◎7月11日(月)19時~21時
会場:南大塚地域文化創造館(〒170-0005 豊島区南大塚2-36-1)

◎7月12日(火)19時~21時
会場:雑司が谷地域文化創造館 (〒171-0032 豊島区雑司が谷3-1-7)
詳細はあうるすぽっとホームページをご覧ください。
昨年の様子もご覧いただけます。→http://www.owlspot.jp/workshop/110718_detail.html

■問合
あうるすぽっと
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 2・3F
TEL 03-5391-0751 FAX 03-5391-0752
http://www.owlspot.jp

http://www.owlspot.jp/

 

シンポジウム「霊山・修験道の展開と神社」の御案内

 投稿者:神道宗教学会メール  投稿日:2010年11月17日(水)11時23分42秒
  こんにちは。
このたび神道宗教学会におきましては、下記のシンポジウムを開催することとなりましたので御案内申し上げます。修験や山岳信仰に関心をお持ちの方々の参加をお待ちしております。

神道宗教学会 第64回学術大会
シンポジウム「霊山・修験道の展開と神社」

【日時】平成22年12月4日(土)午後1時
【会場】國學院大學渋谷キャンパス 学術メディアセンター1階
                      常磐松ホール
主催:神道宗教学会
後援:日本山岳修験学会
■学術講演
「修験道の地域的展開と神社」
 講師(慶應義塾大学名誉教授 日本山岳修験学会会長)宮家準氏
■シンポジウム「霊山と修験道・神社」
[日時]平成22年12月4日(土)午後2時15分~5時
[場所]國學院大學渋谷キャンパス 学術メディアセンター1階
                     常磐松ホール
・発題者・パネリスト
「地方霊山における社僧・社家および修験-白山加賀側と妙高山を例に-」
由谷裕哉氏(小松短期大学准教授)
「霊場の地域的展開―武州御嶽山・伊予石鎚山―」
西海賢二氏(東京家政学院大学教授)
「霊山の葛藤 ―近世末~近代 木曽御嶽山における一考察―」
関敦啓氏(愛知学院大学研究員)
・コメンテーター
宮家準氏・林淳氏(愛知学院大学教授)
・司会
中山郁氏(國學院大學教育開発推進機構准教授)
※当日参加費 500円
問い合わせ先
神道宗教学会事務局
℡:03-5466-0209(國學院大學神道文化学部資料室)
 

出版しました

 投稿者:神楽童子メール  投稿日:2009年11月18日(水)08時34分2秒
  日々お世話様です。いつもホームページ拝見させてもらってます。今回念願叶って自費出版の運びとなりました。10月中旬より各書店にて販売してます。若き日の神楽師の物語でタイトルは「お神楽初恋巡演記」です。いち早く岩手県立美術館ライブラリー&書庫で配架になりました。また情報誌悠悠そしてFM岩手「岩手の本棚」でも紹介されました。詳しくはblogとりら(http://torira.exblog.jp/)神楽民族芸術見聞(http://okuderazeki.at.webry.info/)参照願います。是非お手に取り昭和の郷愁を蘇えらせて欲しいと思います。  

「れきみん秋祭り」のお知らせ

 投稿者:仙台市歴史民俗資料館から  投稿日:2009年 9月20日(日)01時37分49秒
  9月21日(月)の13:30~15:00に、エルパーク仙台・スタジオホール(141ビル6F)で
「れきみん秋祭り」のプレイベントとして「倉沢人形歌舞伎」の上演があります。

「倉沢人形歌舞伎」は岩手県花巻市東和で地元の人たちの手で受け継がれてきた地芝居です。今回は三番叟・本朝廿四孝・傾城阿波の鳴門・景色の演目が上演されます。

入場無料で、先着100名、12時から整理券を配布します(開場は13時)。
お問い合わせは仙台市歴史民俗資料館(電話番号022-295-3956)までお願いします。
 

鵜鳥神楽巡業公演

 投稿者:おとゆう  投稿日:2009年 2月 5日(木)21時21分52秒
  神楽まつり2009
~鵜鳥神楽公演~
2009年2月14日・15日
岩手県岩泉町
両日入場無料・お神酒振る舞いあります。

鵜鳥神楽は岩手県沿岸の廻り神楽です。
現在でも冬に岩手県沿岸の集落を昼は門打ちなどの祈祷を夜は宿をかり神楽をしている珍しい神楽です。
今回の公演は2日間で14日は夜神楽です。じっくり鑑賞して下さい!会場の敷地内にコテージやトレーラーハウスがあり宿泊もできます。
15日は昼神楽です。気楽に鑑賞できる様に演目数はちょっと少ないです。
宿泊やお弁当は限りがあります。ご予約はお早めに!
2月14日(土)
門打ち 午後3時~
舞い込み 午後3時半~
(シットギ獅子)
夜神楽 午後4時半~
演目予定(岩戸開・岩長姫・斐の川・榊葉・松迎え・狂言・山の神・恵比寿・仕組み)
夜神楽終了午後8時半予定
交流会 午後10時まで
◎神楽三昧プランA
一泊二食付き、お花代込み 7000円(要予約)
◎神楽三昧プランB
お弁当 1500円(要予約)

2月15日(日)
昼神楽 午前10時半~
演目予定(清払・狂言・山の神・恵比寿・勢剣)
舞い立ち 午後2時予定
◎神楽弁当 1000円(要予約)
問い合わせ先
電話0194-22-5211
FAX 0194-22-5212

ふれあいらんど岩泉
岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂
 

レンタル掲示板
/5